ブラックジャックのルールを知るためには、まずカードの数え方を学習する必要があります。
簡単に列記しておきます。

「2」~「10」まではそのまま数えればよい。
「A」は「1」もしくは「11」のいずれか都合のよいようにカウント。
途中でカウントを切り替えることも可能。
「J」、「Q」、「K」は全て「10」として数えること。
これらを理解してゲームを進めることになります。

次に、実際のゲームにおける流れを解説していきましょう。
まずゲームに参加する場合には、チップをベットすることになります。
この行為によりギャンブル参加の意思表示となりますので、チップの額をよく考えてからベットするようにしましょう。
ベットが終了したら、プレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られることになるのですが、ディーラー側は1枚を表にしてプレイヤーに見せます。
これがオープンカードとよばれているものであり、参考にしながらこのあとの展開を考えてください。

あとはカード合計が「21」に近づくようにカードを引いていくことになるのですが、バーストしてしまいますと、その時点でゲーム終了となってしまいますので、注意しなければなりません。
ディーラーのオープンカードによっては、無理に「21」を目指さずにディーラーがバーストするのを待つといった方法を選択する場合もあります。
そのため3枚目以降のカードを引くのか、に関してはさまざまな戦略や定石が存在することになるのです。

それから特別な役としてブラックジャックが存在しています。
これは、最初に配られた2枚のカードが「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」の組み合わせであった場合を指しています。
この役は最高の役であり、相手側がトータル「21」であったとしてもブラックジャックの方が上ということです。
またブラックジャックを出して勝利した場合には、1.5倍の配当となりますので、賭けた金額と合わせますと2.5倍の払い戻しとなります。

おおまかなルールとしましては、大体このようなものとなりますので、あとは実践あるのみ。
何回かゲームを重ねることで、慣れてくることでしょう。

そして、こうしたカジノゲームをする意義について考えておきたいのですが、ブラックジャックを実際にやってみると、大変スリルや興奮を覚えるようなことはありませんか?
退屈な日常の繰り返しでは、なかなかこのような感覚を得ることは難しいもの。
ですから、こうしたカジノで戦略的なゲームに触れることは、脳の活性化や適度なストレス解消につながるのです。